千葉の撮り鉄。古き良きものを求めて。

2016.07.23 ブルーオーシャン外房 都川河口

DSC_2408.jpg
2016.07.23 京葉線 蘇我~千葉みなと

夕方に天気が良くなったこの日はブルーオーシャン外房運転日、都川河口に向かった。続々と帰港する船を眼下に都会の水辺を通過した。車窓から見る夕日輝く海はさぞ美しかろう。

スポンサーサイト
2016-07-24 : 撮影紀行 : コメント : 0 :
Pagetop

2016.07.18 夏の内房 255さざなみ ナコトミストレート

DSC_2381 (2)
2016.07.18 内房線 那古船形~富浦

前日よりは天気が良かったこの日はまたまた新宿さざなみをとらえるべく定番ストレートへ。同業者はゼロ、のんびりと255を待った。

2016-07-24 : 南総鉄路記 : コメント : 0 :
Pagetop

2016.07.17 夏の内房 祭りと209

DSC_2329.jpg
2016.07.17 内房線 那古船形~館山

那古地区の祭りのうち山車2台が船形のガーターまで来るという。時計と山車をにらめっこしてタイミングを狙った。

2016-07-24 : 南総鉄路記 : コメント : 0 :
Pagetop

2016.07.17 夏の内房255さざなみ

DSC_2302.jpg
2016.07.17 内房線 那古船形~富浦

今夏の新宿さざなみ1・4号は255での設定。初週の内房は薄晴れ、雲の多い天気だった。夕刻に何時ものポイントへ。緑に色づく稲穂を横目に、東京を目指して255が足早に去っていった。

2016-07-24 : 南総鉄路記 : コメント : 0 :
Pagetop

2016.07.08 583団臨はくつる回送

DSC_2203.jpg
2016.07.08 東北本線 井堀(信)~上野

583の上野発青森行の団臨が運転された。どうやら嬉しいことにはくつるHM掲出…だったが余白がスカスカ…。気を取り直して沿線へ。往年何度も行き来しただろう地平ホームへの本線を583が通過した。

2016-07-09 : 撮影紀行 : コメント : 0 :
Pagetop

2016.07.07 E259NEX稲毛山俯瞰

DSC_2179.jpg
2016.07.07 総武線 黒砂(信)~稲毛

幕張区運転競技会の送り込みをやりに稲毛山へ。送り込みの方も決まったものの個人的にはE259の方が満足であった。ホリゾンタルカーマインとポーラホワイトに染まった車体がベッドタウン千葉を颯爽と通り過ぎてゆく。

2016-07-09 : 撮影紀行 : コメント : 0 :
Pagetop

2016.07.01 銚子工臨 高品築堤

CSC_2146.jpg
2016.07.01 総武本線 東千葉~都賀

葉月1日、銚子工臨が走った。高品踏切ではなく築堤で一発。

2016-07-05 : 撮影紀行 : コメント : 0 :
Pagetop

2016.06.18 夏空のカシオペア紀行

DSC_2112.jpg
2016.06.18 東北本線 東大宮〜蓮田

またまたヒガハスだがこの日は快晴、夕刻に下るカシオペアを狙った。望みの位置にスタンバイ、空は白めだったので緑に染まる田んぼへと目を向けた。そしてレインボーと銀色に輝くステンレスボディーが現れた。夏至にほど近い光線の下、緑の稲穂がささやく風男を豪快に切りながら北の大地を目指した。

2016-07-05 : 撮影紀行 : コメント : 0 :
Pagetop

2016.05.28 485特急色 最後の東北路

CSC_2028.jpg
2016.05.29 東北本線 東大宮〜蓮田

485は神奈川を後にして仙台へ。先着の同業氏の前に入れさせてもらい485を待つ。国鉄特急黄金時代を支えた485国鉄色は静かに首都圏を去った。東北本線を"下る"ことはもうないだろう。

2016-07-05 : 撮影紀行 : コメント : 0 :
Pagetop

2016.05.29 最後の485特急色 田浦俯瞰

CSC_2016.jpg
2016.05.29 横須賀線 田浦〜東逗子

2日目は中央から横須賀に至るルート。中央線内の光線は良くなるが良い撮影地がないので目もくれず横須賀へ。川崎からKQで田浦まで一直線、京急田浦から山登り開始。程なく着いた俯瞰には同業の方は1名のみ、構図は選び放題だった。往路を眼下に見送り、横須賀からの返しを待つ。そして12時半過ぎ、警笛を大きく鳴らして田浦のストレートへ差し掛かり京急と交差、体をうねらせてファインダーへ登場した。ちょっと曇ったか、おしい!

2016-07-05 : 撮影紀行 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

SAZANAMI

Author:SAZANAMI
被写体は国鉄時代〜JR第一世代中心。本拠地は千葉県中南部。

アクセスカウンター

検索フォーム

QRコード

QR