千葉の撮り鉄。古き良きものを求めて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

2016.08.16 ED75北上工臨 松島海岸俯瞰

DSC_3831.jpg
2016.08.16 東北本線 塩釜~松島

福島から仙台シティラビットで仙台、仙石東北ラインからの仙石線で松島海岸へ。俯瞰ポイントまでハアハア言いながら登山した。何時通過か微妙だったがほぼ予想通りの時間に赤いチビロコが現れた。

スポンサーサイト
2016-08-19 : 撮影紀行 : コメント : 0 :
Pagetop

2016.08.15 583系「快速あいづ」送込 摺上川

DSC_3814.jpg
2016.08.16 東北本線 伊達~東福島

この日は曇りのち雨予報だったので磐西は諦めて仙台方面へ行こうかと考えていたが天気予報は大外れ。青空の広がる東福島沿線へ。東北を走るみちのくのクイーンを晴天で頂いた。

2016-08-19 : 撮影紀行 : コメント : 0 :
Pagetop

2016.08.15 カシオペア紀行 福島バルブ

CSC_3766.jpg
2016.08.15 東北本線 福島

会津若松を後にして宿を取った福島へ。福島名物円盤餃子の店はどこも大混雑、名前を書いて待つ間にカシオペアを見送りにホームへ。この後の復路は台風で一ノ関打ち切りになったという。
2016-08-19 : 撮影紀行 : コメント : 0 :
Pagetop

2016.08.15 583系「快速あいづ」 広田ストレート

CSC_3721.jpg
2016.08.15 磐越西線 会津若松~広田

会津路にみちのくのクイーンが再来した。代走を務めたあいづライナーの485系が先に去った跡を名残惜しむかのような今回の走行を捕らえに会津へと出向いた。国鉄色485の無念を晴らすべく向かったのは広田のストレート。あいにくの天気の中多くの人が集結、583を迎え撃った。

2016-08-19 : 撮影紀行 : コメント : 0 :
Pagetop

2016.08.14 ニューなのはな 内房ラストカット

DSC_3663.jpg
2016.08.14 内房線 那古船形~富浦

最後は自転車でいつものストレートへ。夏草はどうかならないものか…。運転士は指差し喚呼、夕方の低光線を浴び、いつものストレートをいつものヨンパーゴが通過していった。ありがとうニューなのはな。

2016-08-19 : 南総鉄路記 : コメント : 0 :
Pagetop

2016.08.14 リゾートあわトレイン 館野向日葵畑

CSC_3630.jpg
2016.08.14 内房線 館山~九重

週末の房日(南房総地域の新聞)に館野小の向日葵畑の記事が載っていた。館野小の向日葵畑にいは行ったことはあったが電車と絡めたことはなかったのでニューなのはなの時間に館野へ。夏空と向日葵が見事にマッチしていた。

2016-08-19 : 南総鉄路記 : コメント : 0 :
Pagetop

2016.08.13 ニューなのはな 岩井小浦

DSC_3576.jpg
2016.08.13 内房線 富浦~岩井

山生の復路は惨敗、再び山を超えて内房へ。小さな港を横目に君津へと急ぐニューなのはなを捕らえた。

2016-08-19 : 南総鉄路記 : コメント : 0 :
Pagetop

2016.08.13 リゾートあわトレイン 山生橋梁

DSC_3515.jpg
2016.08.13 内房線 江見~太海

君津から山中を超えて外房に抜け、山生には通過の15分前着。背景の山も構図に加えてみる。暫くして汽笛を鳴らして最徐行で橋梁に現れた。山、海、橋とカラフルな車体の四拍子で収めることができた。

2016-08-19 : 南総鉄路記 : コメント : 0 :
Pagetop

2016.08.13 リゾートあわトレイン 小糸川橋梁

CSC_3581.jpg
2016.08.13 内房線 君津~青堀

この日はニューなのを1日追っかけ。富津界隈のストレートは草が生い茂り、撮れるものではなく小糸川へ。ラストランを目前に多くの客を乗せて房総を走るヨンパーゴを切り取った。

2016-08-19 : 南総鉄路記 : コメント : 0 :
Pagetop

2016.08.10 森ノ宮201系奈良直通 河内堅上俯瞰

CSC_3280.jpg
2016.08.10 関西本線 河内堅上~高井田

323系による置き換えが決まっている森ノ宮201系。1運用のみの奈良までの直通運用狙いに河内堅上へ。直前まで曇っていたが直前に太陽が出てくれた。オレンジの201がここを走るのも後僅か。

2016-08-17 : 撮影紀行 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

SAZANAMI

Author:SAZANAMI
被写体は国鉄時代〜JR第一世代中心。本拠地は千葉県中南部。

アクセスカウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。