千葉の撮り鉄。古き良きものを求めて。

2017.04.08 いずれ桜か朱色釜

CSC_5952.jpg
2017.04.08 総武本線 津田沼~幕張

都内に比べて遅かった県央の桜だが、千葉城下の木々も満面の桜色に染まってきた。房総路を下る朱色釜が花咲く団地を足早に通り過ぎた。生憎の曇り空だが桜色と朱色の共演は菖蒲にも杜若にも劣らない。

スポンサーサイト
2017-04-10 : 撮影紀行 : コメント : 0 :
Pagetop

2017.04.05 PF2139蘇我側線

DSC_5912.jpg
2017.04.05 外房線 蘇我

民営化30周年の記念行事などは各社特に行われることはない。JR発足直後の各社一体となった勢いはどこへ行ったのか。その中でJR貨物はそこそこアグレッシブなことをしているような気もしなくはない。記念HMを掲げた最後のPF原色が、改正で留置位置が変わった蘇我の側線で一息つく。

2017-04-06 : 撮影紀行 : コメント : 0 :
Pagetop

2017.03.14 京都9番クハ103-263

DSC_5868.jpg
2017.03.14 奈良線 京都

青森にE電更新工場が新設されたのが話題となっているが、西には一昔前に大量投入された103が未だある程度残っている。103のように大量投入して長期間使うことはない、という前提のもとで作られた寿命半分のE電も103と同じ運命を辿るのかもしれない。私鉄型配線の奈良線ホームにはカナリアの国鉄電車が佇んでいた。

2017-04-06 : 撮影紀行 : コメント : 0 :
Pagetop

2017.03.14 嵯峨野トロッコ保津峡俯瞰

CSC_5879.jpg
2017.03.14 嵯峨野観光線 トロッコ亀岡~トロッコ保津峡

嵯峨野観光鉄道は旧山陰本線の廃線後にトロッコ列車を走らせるために誕生した日本初の観光専用鉄道である。谷に沿って進むこの区間は明治32年に京都鉄道が嵯峨~園部を開通してから平成元年まで東日本から山陰方面への足として長年使われてきたが線形故に高速化が達成できなかった。しかしながら川に沿って走る美しい景観が復活に結びついたというわけだ。日々DL客レが行きかっていたであろう保津峡を平成のDL客レがゆっくりと進んでいった。

2017-04-06 : 撮影紀行 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム

プロフィール

SAZANAMI

Author:SAZANAMI
被写体は国鉄時代〜JR第一世代中心。本拠地は千葉県中南部。

アクセスカウンター

検索フォーム

QRコード

QR