千葉の撮り鉄。古き良きものを求めて。

BOSO RAIL MEMORY No.7 「千葉の観光蒸機」

2007年以降JR千葉支社では数年に一度、高崎支社からSLを借り入れて県内各地で運行を行なっている。記念行事の一環として、はたまた観光キャンペーンの目玉としてなど様々な形で利用されている。2017年年始の運行は9年ぶりの南総地区であった。千葉の蒸機復活からの10年を簡単に振り返る。

2007年、JR東日本千葉支社初めてのSL復活運転はちばディスティネーションキャンペーンの一環として行われた。千葉県でのD51 498の運転は、平成元年8月に京葉線で運転された「SLコニカ号」以来18年ぶり、さらに内房線での蒸機運転は1987年8月にC56 160で運転された 「SL毎日号」以来20年ぶりの運転となった。2/1に千葉でのDCオープニングイベントと伴に出発したSLちばDC号は千葉の街中に大きな汽笛を響かせ木更津へ。2/3.4.10〜12には風光明媚な内房区間を館山まで駆け抜けた。

DSCF0129.jpg

約40年ぶりに客を乗せて走った内房線鈍行蒸機は平久里川を渡って館山へ到着。


DSCF0142.jpg

館山駅では"汽車"から降りたった人々を多くのギャラリーが出迎えた。


DSCF0152.jpg

館山電留に入ったD51は折り返しまでしばし休息。


DSCF0153.jpg

ここにもギャラリーが多数集まり、展示会状態。まだフェンスがなかったのが幸いした。



2009年、この年は千葉みなと⇄木更津でD51 498による運転が予定されていた。ところがそのD51 498は2008年12月14日、陸羽東線「SL湯けむり号」牽引に備えて小牛田駅で整備中、ボイラー水位が低いにもかかわらず火力を上げ、事実上の「空焚き」状態となりボイラーの一部を溶損する重大事故に見舞われ、急遽新津区のC57 180を借り出して運行にあたった。
C57は千葉県内での運行は当時において37年前の1972年9月〜10月の鉄道100周年記念列車ぶり、1969年の無煙化に伴う佐倉機関区撤退から数えると実に40年ぶりのことであった。因みに、千葉局無煙化直前の佐倉区配置車両は8620、C58、C57であり、無煙化直後の配置車両はDE10である。現在の木更津常駐DE10のルーツは、佐倉機関区のDE10がJR化後も佐倉に常駐し、佐倉区廃止後も支区である木更津に区所共々生き残ったというものであるのも感慨深い。C57はいわばDE10木更津常駐の先代でもあるわけだ。無論、180号機は新製時から廃車時まで新潟県外には配置されていない。
なお、ATS-Pを搭載せず、磐越西線系統の列車に従事している状況であるため今後の首都圏入線は難しいだろう。

DSCF6499.jpg

蘇我上1で小休止するSL春さきどり号送り込み回送。


DSCF6507.jpg

往年にC57が多数在籍した千葉機関区(1代目)の区名札を掲げた。現役時代にも1機しか見られなかった貴婦人の門デフが異彩を放つ。


DSCF3560.jpg

木更津に到着したC61。前年に復活したばかりだ。


DSCF3547.jpg

同日の木更津派出の庫内には2017年にDL勝浦本務機を担った1704号機の姿。この年は1751との2機体制。


CSC_1106_convert_20160702134506.jpg

北総SLは2年とも旧型客車で運転。


CSC_1103_convert_20160702134340.jpg

大型本線蒸機のC61が水郷地域に爆煙を上げる。


CSC_1418_convert_20160702134634.jpg

千葉支社のSL運転時に見られる俗に言う「S回」はファンの注目を集める。



過去10年のうち7年運転されてきた千葉SL。運行範囲は上総地域、南総安房地域、北総地域に及ぶ。
2007年:D51 498
SLちばDC 千葉→木更津
SL南房総 木更津→館山
DL南房総 館山→木更津
2008年:D51 498
SL南房総 館山→勝浦
DL南房総 勝浦→館山
2009年:C57 180
SL春さきどり 千葉みなと→木更津
DL春さきどり 木更津→千葉みなと
2012年:C61 20
SL内房100周年記念 千葉みなと→木更津
DL内房100周年記念 木更津→千葉みなと
2013年:C61 20
DLおいでよ佐原 銚子→佐原
SLおいでよ銚子 佐原→銚子
2016年:D51 498
DL佐原 銚子→佐原
SL銚子 佐原→銚子
2017年:D51 498
DL勝浦 館山→勝浦
SL館山 勝浦→館山

まだ記憶に新しいとは思うが、本年度の千葉SLは再びの南総地域。青い客車を連ねた列車が入り組む海岸線に沿ってゆっくりと進んでいく。


DSC_5605.jpg

CSC_5691.jpg

CSC_5558.jpg


見せ物として、いっときの客集めとしてのSL運行ではなく、鉄道を中心とした地域活性化や街づくりに多大な影響を及ぼしていると考えられる。モータリゼーションの進んだ現代の日本では、都市一極集中による過疎化と相まって鉄道の利用が年々減少し運営が難しくなっている地域が多数挙げられる。地元の人は一日数本しか走らない「鉄道」などには目もくれないだろう。そんな片田舎の草の生い茂る線路に一度蒸気機関車が走るとどうなるか。町の人々全員が線路を見て手を振っているではないか。地域住民が鉄道の存在を改めて知り、鉄道会社や行政主体となって住民の利用しやすい環境を整える。さすれば、鉄道は存続し、遠い都会から客を呼び込める。そこに鉄道を基幹とした地域活性化への道があると思う。ただし、地域活性化は鉄道会社と地方自治体の腕次第である。最後に、大手鉄道会社が地域活性化と技術保存という2つの要素に果敢に挑戦した良い例が東武鉄道だ、というのも述べておく。

とにもかくにも、SLという素材を活かして地域活性化に繋げるということを日本全国で続けてほしいと願うばかりである。
スポンサーサイト
2017-01-29 : BOSO RAIL MEMORY : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

SAZANAMI

Author:SAZANAMI
被写体は国鉄時代〜JR第一世代中心。本拠地は千葉県中南部。

アクセスカウンター

検索フォーム

QRコード

QR